食物繊維 食べ物

食物繊維を食べ物で賄おうとしても、それは無駄に終わります。

食物繊維を食べ物で?それは無駄な努力です。

食物繊維を食べ物で摂ろうと思ってサラダを食べるようにしています!
・・・という方もいらっしゃるかもしれません。
でも、サラダの食材、レタスやきゅうり、トマトなどにどのくらい食物繊維が含まれているかご存知ですか?

ここにひとつの記事があります。
超優秀!お通じ力No.1の野菜は?:日経ウーマンオンライン【知って得する!「野菜教室」開講!】
ここでは、食物繊維を豊富に含んだ野菜をランキングで紹介しています。
このランキングでは、食物繊維を豊富に含んだ野菜は以下の通りになっています。

食材 食物繊維総量 1食の目安量
ゴボウ 5.1g 1/2本(100g)
菜の花 3.7g 1/2束(100g)
アボカド 3.7g 1/2個(100g)
タケノコ(ゆで) 3.3g 100g
春菊 3.2g 1/2束(100g)
西洋かぼちゃ 3.2g 100g
モロヘイヤ 3.0g 1/2袋(50g)
トウモロコシ 3.0g 1本(200g)
ほうれん草 2.5g 1/2束(100g)

ご覧のように、食物繊維を多く含んだ野菜にはキャベツやレタス、きゅうりやトマトなどは一切入ってきません。上記記事にも
「生でも食べられる野菜は概して食物繊維量が少なめ。生野菜サラダで食物繊維をとったつもりでも、必要量を満たせていないことが多い」(池上名誉教授)
・・・とあるように、 生野菜をたくさん食べても、全くの無駄にしかならないのです!

そして、 1日に摂取しなければならない食物繊維の量ですが、
日本人の食事摂取基準では成人女性の目標量は1日17g 。だが、「キュウリ2~3本分(約150~200g )の便が出るのを目安に、1日20gの食物繊維をとりたいですね」と池上名誉教授。
・・・とのこと。1日20gの食物繊維を摂るにはどうしたら良いか。
食物繊維の含有量が最も多いとされるゴボウですら、100g中に含まれる食物繊維量はわずか約5g。つまり、ゴボウで食物繊維を補おうとすればなんと400gものゴボウを每日食べなければならない、ということになります!
ほうれん草に至っては800g!もの大量を食べなければならないのです!
考えても見て下さい。毎日毎日、800gものほうれん草を食べ続けなければならない生活を・・・・。

はっきり言って、そんな食べ方はとても無理!です。
食物繊維を食べ物で賄おうというのはあまりにも無理で無駄だということがお分かりいただけましたでしょうか?

食物繊維を90%以上配合したサプリメントがあるとしたら・・・

食物繊維を食べ物でなんとかしようと苦行僧のような努力をする必要は全くありません!
なぜなら、食物繊維を豊富に含んだサプリメントが販売されているからです。

でも、気をつけて欲しいのが、食物繊維を含んだサプリメントならなんでも良いわけではありません。
そのサプリメントがどのぐらいの食物繊維を含んでいるのか、きっちり調べておく必要があります。

オススメなのが、「おなか端麗」というサプリメント。
これは今話題の成分、「プランタゴ・オバタ」を主原料としていて、食物繊維の含有率は90%以上!

おなか端麗】

この「プランタゴ・オバタ」は胃の中で38倍にも膨れるので、これを飲むだけで満腹感が得られます。
そして、胃の中で余分な糖質やコレステロールをがっちりホールド。腸内での吸収を抑え、そのまま排泄されます。
腸内をきれいに洗浄してくれるのです。

それだけでなく、ダイエット効果やアンチエイジング効果も望めます。
便秘薬や下剤のような痛み・苦しみのない便秘改善サプリ、「おなか端麗」一度試してみてはいかがでしょうか?

自然とスルリっ!「薬冶 おなか端麗」